AYA tokyo japan~略歴

2002年前後よりMSD tokyo japanとして、ネット通販及び友人関係からのオーダーでWah-Pedalの製作を始める。その後、有限会社 F Sugarを代理店とし(F Sugarのみで)Wah-Pedalの販売を開始する。F Sugar佐藤氏の勧めでコンパクトエフェクターの製作を開始。
その1号機がR-COMP。R-COMP発売と同時に海外への輸出も開始する。海外輸出と同時に屋号をAYA tokyo japanに変更する。(海外にMSDという同業のブランドが存在した為)アルファベット3文字、漢字一文字の名称で日本女性に多い名前したかった為、AYAと命名。その後、BM-Fuzz,Drivesta(DriveとVestaを合わせた造語で命名者はバンドdrivestaのボーカリスト白石由美子氏),WarmChorus,FrontgateBassDriveを発売。2013年、OFS (Overdrive for Single Coil Pick-up)を発売。2014年、新機種SAD発売。

パネル面のイラストについて


R-COMP発売時、他のメーカーでは描かない’緩い’絵を描こうと思いました。その流れが現在まで続いています。
R-COMP
コンプレッサーに対して連想するイメージを描きました。
コンプレッサー〜フュージョン、ファンクバンド〜夏のライブイベント〜海という連想から描きました。
BM-FUZZ
この頃から『日本 』を意識する事を考え始めました。
昭和の日本家屋の縁側風景。
Drivesta
アジア全般で愛される中秋の名月。
下のイラストは海外輸出用の取り扱い説明書に描いた『月のうさぎを見る地上のうさぎ』

WarmChorus
札幌近郊で雪解けの頃見られる水芭蕉、つくし。
FrontgateBassDrive
毎春、皇居大手門近くに咲く美しい木瓜(ボケ)。
OFS
亀戸天神の藤棚を見た事をきっかけに藤を描きました。
SAD
日本固有種の花,更紗灯台(サラサドウダン)を描きました。

AYA tokyo japan 河井誠~略歴 

1963年3月19日札幌生まれ。
中学生の頃より音楽活動を開始、高校卒業後、上京
家庭の事情で3年間、札幌〜東京間の往復を繰り返す生活となった為、バンド活動が困難になり その間オーディオ機器、エフェクター等の自作を始める。
その後、東京での生活及びバンド活動を再開し1992年、 E NIGHTのギタリストとしてFUNHOUSEよりメジャーデビュー。
メジャーデビュー後は作曲、アレンジ、ディレクターを経てエフェクターメーカー(AYAの母体MSD tokyo japan)を個人事業としてスタート〜現在に至る。